MENU

Speed Wi-Fi NEXT W04は下り最速440Mbps対応でバッテリー残量の持ちがいい

Speed Wi-Fi NEXT W04

 

「Speed Wi-Fi NEXT W04」はWiMAX 2+の最新ルーターです。史上最速の下り440Mbps対応で超高速通信が可能なwifiルーターになります。

 

対応エリア
  • WiMAX 2+
  • au 4G LTE

※WiMAXエリアは対応していません。

 

au 4G LTE回線を使用するにはオプション料金として1,005円必要となります。通常はWiMAX 2+エリアで下り最大220Mbpsまたは110Mbpsが使用可能となり、440Mbpsは今のところ全国ではなく一部対応エリアでのみ使用が可能です。

 

「Speed Wi-Fi NEXT W04」の特徴

  1. WiMAX 2+ 4×4 MIMO、さらに2CA対応で下り最大440Mbps
  2. 用途に応じて通信パフォーマンスを3段階から選択可能
  3. au 4G LTE対応で広いエリアで利用可能
  4. 有線LAN対応のクレードルでホームルーターになる
  5. bluetoothテザリングで連続15時間の長時間通信

 

WiMAX 2+ 4×4 MIMO、さらに2CA対応で下り最大440Mbps

Speed Wi-Fi NEXT W04 エリア

 

WiMAX 2+の220Mbpsの通信回線を2つ束ねて同時使用すること(キャリアアグリゲーション)で下り最大440Mbpsを実現。上り通信でも10Mbps→30Mbpsと3倍の通信速度に進化しました。

 

用途に応じて通信パフォーマンスを3段階から選択可能

ハイパフォーマンス 下り最大440Mbps対応。最大スペックで下り速度最大440Mbpsが使用できるモードです。とにかく速い高速通信を使いたいというときにおすすめです。
ノーマル(初期) 下り最大220Mbps対応。バッテリー残量が約35%前後になると、CAをOFFにして通信速度を抑える代わりにバッテリーの持ちがよくなります。
バッテリーセーブ 下り最大110Mbps対応。スピードを必要としないオフラインの作業やメール作業時におすすめ。通信速度を抑えてバッテリーの持ちが一番よいモードとなります。

 

3つのモードを用意することで通信速度はそれほどいらないけど、バッテリーの持ちがいいほうがいいという人にも対応できるようになりました。現在、下り最大440Mbps対応エリアは東名阪から展開しており、2017年4月末までに全国の主要都市にて利用できる計画です。

 

バッテリーの持ち時間を比較

モード ハイスピードモード(WiMAX 2+) ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+、LTE)
ハイスピード 約390分 約260分
ノーマルモード 約540分 約390分
バッテリーセーブ 約630分 約550分

 

このようにモードによって大きくバッテリーの持ちが変わります。ハイスピードはまだ対応エリアが狭いので一度使ってみるかエリアを調べて使えないのであれば、ノーマルかバッテリーセーブモードを使用してみるのがおすすめです。また、今では軽いモバイルバッテリーも販売されていますので一緒に持ち歩くというのもおすすめです。

 

 

au 4G LTE対応で広いエリアで利用可能

auのスマホは4G LTEという通信網を利用していて、WiMAX 2+のエリアとは違います。auの4G LTEエリアは全国人口カバー率99%でかなりつながりやすいんです。WiMAX 2+でもまだ全国順次拡大中といったところです。

 

オプション料金が別に1,005円かかってしまいますが、全国どこでも使えるようになるのでWiMAX 2+エリアを使ってみていまいち繋がりが悪いという人にはオプションでauの4G LTEが使えるということを知っておいてください。

 

 

有線LAN対応のクレードルでホームルーターになる

Speed Wi-Fi NEXT W04 クレードル

 

WiMAX 2+のルーターはクレードル対応です。クレードルというのは有線LANにも接続できて充電もできる充電台のようなものです。このクレードルを使うことで無線LANを搭載していないデスクトップパソコンや古いノートパソコン、ゲーム機などをネットに接続することが可能になります。

 

 

bluetoothテザリングで連続15時間の長時間通信

Speed Wi-Fi NEXT W04 bluetooth

 

Speed Wi-Fi NEXT W04はBluetooth接続をすることができます。通常のWi-Fi接続よりも通信速度は遅くなりますが、バッテリーセーブモードよりもさらに長時間の連続15時間の通信接続が可能になります。 

 

出張で充電器を忘れてしまったんだけど、通信速度はちょっと遅くてもネットに接続できてとにかく充電を持たせたい!といったときなどに便利なBluetoothです。

 

Speed Wi-Fi NEXT W04の基本情報・スペック

サイズ 約H130×W53×D14.2mm
重量 約140g
バッテリー使用時間 連続通信時間(ハイスピードモード:WiMAX 2+)
  • ハイパフォーマンスモード:約390分
  • ノーマルモード:約540分
  • バッテリーセーブモード:約630分

連続通信時間(ハイスピードプラスエリアモード:WiMAX 2+、LTE使用)

  • ハイパフォーマンスモード:約260分
  • ノーマルモード:約390分
  • バッテリーセーブモード:約550分

連続待受時間

  • 休止状態:約850時間
  • クイックアクセスモード設定時(ウェイティング):38時間
電池容量 2,750mAh
対応電波 ・WiMAX 2+ (440、220、110Mbps)

・au 4G LTE

Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/n/a(5GHz帯)、11n/g/b(2.4GHz帯)
最大接続可能台数 Wi-Fi 最大10台

Bluetooth 最大3台

対応OS WindowsR 10、8.1、8、7、Vista

Mac OS Sierra 10.12、Mac OS X 10.11、10.10、10.9、10.8、10.7、10.6、10.5