MENU

WiMAX 2+を契約する前にしっかり選び方を知っておきましょう

悩んでいる女性

 

WiMAX 2+を契約しようと思ったら、いろいろと選ぶ必要があります。しっかり契約する前に知っておかないと契約後に気づいて「しまった!損した!」とならないように事前にチェックしておきましょう。

 

WiMAX 2+はUQ WiMAXが本家のインターネット回線です。プロバイダによって通信速度が違うということはありません。プロバイダによって違うのはキャンペーン内容、ルーター機種、月額料金、オプションサポート内容などです。

 

キャンペーンでプロバイダを選ぶ

 

ルーターはどうやって選ぶ?

 

現金キャッシュバック額で選ぶ

お札

 

WiMAX 2+を契約すると契約してから数か月後に商品券がもらえたり、現金のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施しているプロバイダがあります。WiMAX 2+のキャンペーンといえば、キャッシュバックキャンペーンが主流です。

 

キャッシュバック額の大きいプロバイダの金額・付与タイミング比較

プロバイダ 金額 付与期間
GMOとくとくBB 最大33,500円 約12ヶ月後
UQ WiMAX JCBギフトカード10,000円分 2ヶ月後
@nifty 20,100円 9ヶ月後
BIGLOBE 20,000円またはGポイント21,600円相当 13ヶ月後
so-net 20,000円 11ヶ月後

 

主要なプロバイダの今月のキャッシュバックキャンペーン額やキャッシュバックがもらえるタイミング、時期を比較してみました。このようにプロバイダによってキャッシュバック額が違ったり、もらえるまでの期間が長かったりしますので注意が必要となります。

 

また、キャッシュバックをもらうにも待っているだけで勝手に振り込まれず、キャッシュバックをもらう手続きが必要になりますので各プロバイダで契約前に把握しておく必要があります。

 

 

各プロバイダのキャッシュバックをもらうための手続き

GMOとくとくBB キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。基本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。
UQ WiMAX 当社指定機種のご購入と同時にUQ Flatツープラスギガ放題にお申込みいただいたお客様を対象として、JCBギフトカード15,000円分をプレゼントいたします。ご契約月の翌々月末までに契約先住所へ発送いたします。
@nifty キャッシュバック特典は、機器発送月を含む9カ月目に、ご登録いただいたお受取口座へ現金振込いたします。お受取方法や特典の詳細については、機器発送月を含む8カ月目にメールにてご連絡いたしますので、必ずご確認ください。
BIGLOBE サービス開始の翌月を1カ月目として23カ月目末日まで継続利用していただき、さらに所定の期限内に弊社指定のアンケートにお答えいただいたお客さまにキャッシュバック。サービス開始の翌月を1カ月目として12カ月目までのご利用を確認後、振替払出証書をお送りいたします。
so-net お申し込みから9カ月後の月末時点でキャンペーン対象サービスのご利用開始が確認できた方へ、お申し込みから11カ月後の15日にSo-netよりキャッシュバックお受取手続き(ソネット de 受取サービス)のご案内メールをお送りします。メール内容に沿って手続きを行ってください。

 

このように各プロバイダでキャッシュバックをもらう条件や手続き方法が違いますので、契約する前にしっかりチェックしておく必要があります。手続きのメールを送るけど、プロバイダの入会時に作ったメールアドレスに送られて手続きを忘れてキャッシュバックがもらえなかった。アンケートに答えるのが面倒で答えるのを忘れてキャッシュバックがもらえなかった。など失敗談がネット上でも不満の声があがっています。

 

契約前にしっかりチェックしてスマホのカレンダーなどに忘れずにスケジュールを入れておいたほうがいいでしょう。

 

タブレット、ノートPCのプレゼントキャンペーン

タブレット

 

外に出かけてWiMAX 2+を片手にタブレットでネット接続してランチ情報を調べたり、天気や観光情報などを調べるのにタブレットは便利です。また、kindleなど電子書籍のアプリを入れて漫画や雑誌を読んだり、ゲームアプリを入れて遊んだりできるタブレットが無料でもらえたり、毎月分割で買えるキャンペーンを実施しているプロバイダを紹介します。

 

今もらえる買えるタブレット、ノートPCのキャンペーン

プロバイダ 機種 月額
GMOとくとくBB ASUS ZenPad7.0

(7インチタブレット)

0円
GMOとくとくBB ASUS TransBook T90Chi

(8.9インチWindowsタブレット)

586円
GMOとくとくBB ASUS EeeBook

(11.6インチノートPC)

586円
broad lonovo YOGA Tablet2

(8インチタブレット)

1100円
broad KEIAN KPD7BV3-NB

(7インチタブレット)

600円
broad Lenovo ideapad300

(15.6インチ ノートPC)

2800円
broad HP W6S90PA-AABE

(15.6インチ ノートPC)

2000円

 

タブレットキャンペーンは基本契約してルーターと一緒に届きます。つまり、契約して数ヶ月後にもらえるキャッシュバックより早くキャンペーンがもらえるというわけです。

 

今月、無料でもらえるタブレットキャンペーンを実施しているのはGMOとくとくBBのみです。その他のキャンペーンに関しては初期費用は0円などですが、その後月額料金に加算して24回払いなどで支払っていくという形になります。

 

無料でもらえるASUS ZenPad7.0でも十分ネットサーフィンやゲームアプリなどで使えるスペックのあるタブレットです。

月額料金の割引で毎月安く使えるキャンペーン

割引券

 

キャッシュバックは手続きが面倒だし、タブレットやノートPCはスマホがあるからいらない。という人におすすめなのが「月額料金が安い」キャンペーンです。還元額としてはキャッシュバックより少なくなってしまいますが、格安でWiMAX 2+が契約できるということでずぼらな人におすすめのキャンペーンです。

 

UQ WiMAX(比較用)

・ギガ放題
最大3ヶ月 3,696円
〜24か月目 4,380円
・ライトプラン
1〜24ヶ月目 3,696円

GMOとくとくBB

・ギガ放題
サービス開始月 2,699円の日割り計算
1〜2ヶ月目 2,699円
3〜24ヶ月目 3,353円
・ライトプラン
1〜24ヶ月目 2,699円

broad

・ギガ放題
サービス開始月 2,726円の日割り計算
1〜2ヶ月目 2,726円
3〜24ヶ月目 3,411円

so-net

・ギガ放題
サービス開始月 0円
2ヶ月間 1,480円
3〜24ヶ月目 3,480円

 

大体各プロバイダで毎月1,000円近い金額を月額料金から値引きしているキャンペーンです。つまり、大体2年で20,000円以上割引になるのでキャッシュバックキャンペーンと比べると現金はもらえませんが結構お得だと思いませんか?

 

GMOとくとくBBではライトプランの月7GB制限ありプランでも月額割引キャンペーンを実施しているのが魅力的です。

 

ルーターはどうやって選ぶ?まずは最新ルーターで検討してみる

WiMAX 2+ ルーター

 

WiMAX 2+のルーターをどれにしようか悩む人も結構多いと思います。まずは家だけで使うか、家や外でも使うかという選び方があります。家にフレッツ光など固定回線を引かずにWiMAX 2+を固定回線代わりにしてみるというのも選び方のひとつだからです。

 

家だけで使うのか外でも使うのか

WiMAX 2+ ホームルーター

  • 家だけで使うか
  • 家や外でも使うか

 

家の中だけで使うのであれば、WiMAX 2+のホームルーターとして「Speed Wi-Fi HOME L01」と「novas Home+CA」という機種があります。このどちらかから選ぶということになります。

 

ただ、最新機種である「WX03」や「W04」でもクレードルという機器を使えばルーターを置くだけでホームルーターとしても使えますので外でも使う可能性があるのであれば、据え置きタイプよりもモバイルルータータイプがおすすめです。

 

モバイルルーターでどれがいいか

WiMAX 2+ モバイルルーター

 

WiMAX 2+の魅力といえば外でネットがつなげることですから、モバイルルーターでどれがいいかという話になると2択になります。「WX03」か「W04」のどちらかです。どちらもWiMAX 2+のルーターの中で最新機種です。対応している回線やバッテリーの連続通信時間が違うので使い方によってどちらかを選ぶことになります。

 

  WX03 W04
製造元 NEC HUAWEI
対応エリア WiMAX 2+

WiMAX 2+
au 4G LTE

下り速度 最大440Mbps 最大440Mbps
バッテリー 最長約12.3時間 最長10.5時間
クレードル 対応 対応

 

大きな違いは「au 4G LTE」につなげられるかどうかです。WX03はWiMAX 2+のみでW04はWiMAX 2+、au 4G LTEに対応しています。

 

WiMAX 2+のエリアよりもauのスマホでも使用されている4G LTE回線のほうがつながるエリアが広く安定しているためWiMAX 2+のエリアを確認してつながるか不安な人は「au 4G LTE」に対応している「W04」がおすすめです。

 

※au 4G LTEを使用するにはオプション料金1,005円がかかります

 

下り速度はどちらも同じ最速440Mbpsです。バッテリーの持ちは「WX03」のほうがいいのですが、モバイルバッテリーを別に2〜3,000円で安いのを買っておけば1日持たせることができます。

 

どちらもクレードル対応ですので、家で有線LAN接続可能です。

 

  • au 4G LTEを使うかもしれない → Speed Wi-Fi NEXT W04
  • au 4G LTEはいらない。バッテリー時間が長いほうがいい → Speed Wi-Fi NEXT WX03