MENU

WiMAX 2+で一番お得なキャッシュバックキャンペーンがどこかお探しですか?

男性

WiMAX 2+を契約した特典として高額なキャッシュバックをもらえるプロバイダがいくつかあります。キャッシュバックをもらえないプロバイダもありますので比較すると数万円も損することになるので注意が必要です。

 

WiMAX 2+のキャンペーンの種類として「キャッシュバック」と「タブレット」の大きく分けて2種類から選ぶことになります。他には月額料金が毎月安く利用できるキャッシュバックを現金でもらえないけど安くなった状態で利用できるというタイプですね。

 

すでにタブレットを持っているなら、タブレットを選ぶ必要はありませんからキャッシュバックを選んでいいかと思います。

 

当サイトおすすめのキャッシュバック額が大きい順ランキング

GMOとくとくBB WiMAX 2+

 

 

GMOとくとくBB

 最大32,000円キャッシュバック

 

GMOとくとくBBはW03で高額のキャッシュバックがもらえます。もらえるタイミングとしては「ルーターを受け取った月を含む11ヶ月目にGMOとくとくBB入会時に作成したメールアドレスに「ご指定口座確認通知メール」が届きますので返信した翌月の最終営業日に指定の口座に振り込まれます。※20日以内ならキャンセルOK

 

 

so-net WiMAX 2+

 

 

so-net WiMAX 2+

 20,000円キャッシュバック

 

so-netはGMOとくとくBBと比べて大きく額が少ないキャッシュバックとなっています。キャッシュバックのタイミングとしては、申し込みから9ヶ月目の時点で申し込みから13ヵ月後にso-netから受け取り手続き案内のメールが届きます。ソネットde受取サービスを利用しての受取になるので手続きが面倒なのがデメリットです。

 

 

BIGLOBE WiMAX 2+

 

 

BIGLOBE WiMAX 2+

 最大20,000円キャッシュバック

 

W03、WX02で20,000円キャッシュバックです。最新機種「W04」や「WX03」でSo-netに千円差でのキャッシュバック額がもらえます。キャッシュバックの手続きが非常に楽なのでGMOとくとくBBだと手続きを忘れてしまいそう!という人はBIGLOBE WiMAX 2+がオススメです。期間内にアンケートに答えれば、開通月を含む12ヶ月目まで利用の確認後に振替払出証書が届きますので郵便局で手続きすればもらえます。

 

 

迷ったらおすすめなのは「GMOとくとくBB WiMAX 2+」

GMOとくとくBB

キャッシュバックキャンペーンでどれにするか迷ったらおすすめなのは「GMOとくとくBB WiMAX 2+」です。

 キャッシュバック額が業界一である
 大手インターネットプロバイダ会社が運営している
 最新ルーター端末から選べる

など、東証一部上場会社が運営しているWiMAX 2+のプロバイダですし、通信速度は本家UQ WiMAXと変わりません。なんと言っても現金キャッシュバック額が業界最高額がもらえるのはGMOとくとくBB WiMAX 2+だけです。

 

GMOとくとくBB WiMAX 2+

 

WiMAX 2+各社のキャッシュバック額を比較

お金

UQ WiMAX JCBギフトカード 10,000円
GMOとくとくBB 最大33,500円
so-net 20,000円キャッシュバック
BIGLOBE

20,000円キャッシュバック
またはGポイント21,600円相当分

@nifty 20,100円キャッシュバック

 

今月のWiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンを比較しました。業界で一番多いのは「GMOとくとくBB WiMAX 2+」です。最大33,500円キャッシュバックがもらえますが、ルーター端末やクレードルの有無でキャッシュバックが変わりますが、20日以内であればキャンセルOKなど契約して使い勝手が悪かったら解約できるのでおすすめです。

 

 

キャッシュバックをタブレットキャンペーンはどちらがおすすめ?比較してみた

キャッシュバック タブレットキャンペーン 比較
WiMAX 2+のキャンペーンでキャッシュバックがもらえるキャンペーンとタブレットやノートPCがもらえるキャンペーンがあります。一体どちらがおすすめなのか比較してみました。

  キャッシュバック タブレット
もらえるタイミング 2〜12ヶ月後 契約してすぐ
もらう手続き 必要 不要
メリット 金額が大きい 0円でもらえる
デメリット

手続きが面倒
忘れるともらえない

選択肢が少ない
ノートPCは分割

 

キャッシュバック特典は金額が大きいのが特徴です。今月だとGMOとくとくBBで3万円以上です。タブレット特典だと無料でもらえるタブレットでも1.5万円ほどとキャッシュバックと比べてもらえる特典が少ないのはデメリットになります。

 

ですが、キャッシュバックをもらうにはGMOとくとくBBの場合11ヶ月後とかなり遅く、面倒な手続きをする必要があります。手続きをし忘れるとキャッシュバックがもらえないという事態にもなりますので確実に特典がもられるタブレット特典のメリットは大きいです。

 

ただ、タブレットの選択肢が少なくiPadやXperiaなどの人気タブレットはありません。ノートPCも選べますが毎月数百円から分割金を月額料金に上乗せして支払う必要があります。

 

それでも、タブレットを持っていない人や今すぐ特典がもらえる人がいいという人にはおすすめのキャンペーンとなっています。

 

無料でもらえるタブレットキャンペーンを比較した記事はこちら

 

 

WiMAX 2+各社の月額料金を比較

お金

  UQ Flatツープラス ギガ放題
UQ WiMAX 3,696円 4,380円
GMOとくとくBB 3,609円

4,263円
2,699円

so-net 3,695円

4,180円
3,680円※

BIGLOBE 3,695円 4,380円
@nifty 3,670円 4,350円

※月額割引キャンペーンの価格

 

キャッシュバックがもらえるプロバイダのキャッシュバックキャンペーンを比較しました。ただ、GMOとくとくBBやso-netはキャッシュバックキャンペーン以外に月額料金が毎月割引されるキャンペーンも実施しています。

 

キャッシュバックキャンペーンを選んだ場合に月額料金は各プロバイダで大きく変わりません。数十円単位です。GMOとくとくBBは他のプロバイダと比べてキャッシュバック額が多く月額料金が安い傾向にあるのでとにかく安くWiMAX 2+を使いたい場合におすすめのプロバイダです。

 

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンはこちら

 

 

WiMAX 2+のモバイルルーターはどれがいい?「WX03」「W04」スペック比較

WX03 W04 比較

  WX03 W04
製造元 NEC HUAWEI
対応エリア WiMAX 2+ WiMAX 2+

au 4G LTE

下り速度 最大440Mbps 最大440Mbps
バッテリー 最長約12.3時間 最長10.5時間
バッテリー容量 2,890mAh 2,750mAh
質量 約110g 約140g
サイズ 約99×62×13.2mm 約130×53×14.2mm
Wi-Fi規格 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac
詳細 こちら こちら

 

最新のモバイルルーターは「WX03」と「W04」です。WiMAX 2+通信しかできない「WX04」とWiMAX 2+だけでなくauの4G LTE回線が使える「W04」でいったいどちらを選んだらいいか悩む人も多いはずです。

 

まずはWiMAX 2+のエリアを調べてみてWiMAX 2+のエリアにきちんと入っているか微妙な場合にはauの4G LTE回線が使える「W04」がおすすめです。

 

バッテリーの持ちがよく薄くて軽いのは「WX03」です。ただ、ほとんど「W04」と変わりませんし、モバイルバッテリーを携帯していればスマホもWiMAX 2+ルーターも充電できるのでおすすめです。

 

auのスマホやケータイを使っている人は月額料金が安くなるauスマートバリューmineを適用すると月額料金から約1,000円安くなったり、LTEオプション料が無料になったりしますので「W04」がおすすめです。

 

「WX03」と「W04」を徹底比較した記事はこちら

 

 

永遠のライバル?「UQ WiMAX」と「Y!mobile」を比較

UQ WiMAX Y!mobile 比較
「UQ WiMAX」のWiMAX 2+と昔からよく比べられるのが「Y!mobile」のポケットWiFiです。今ではモバイルルーターだけでなく格安スマホ業界でもお互い競い合っているライバル会社になります。よく比較される「UQ WiMAX」と「Y!mobile」を比べてみました。

 

  UQ WiMAX Y!mobile
ブランド名 WiMAX 2+ ポケットWiFi
親会社 au KDDI softbank
回線速度 下り最大440Mbps 

上り最大30Mbps

下り最大612Mbps 

上り最大37.5Mbps

月額料金

月7GB制限あり 3,696円
ギガ放題 4,380円

月7GB制限あり 3,696円
プランL 4,380円

契約期間 2年 3年
3日間制限 10GB 10GB
月間制限 7GB、無制限(ギガ放題) 5GB、7GB、無制限(アドバンスモード時)
無料お試し Try WiMAX なし
詳細 公式サイト 公式サイト

 

「UQ WiMAX」はau KDDIのグループ会社で「Y!mobile」はsoftbankのグループ会社になります。スマホ業界でも競い合っている両社です。無制限といえばWiMAXというイメージがありましたが、最近ではY!mobileでも月額料金4,380円で一部提供エリア内で月間データ容量による速度制限なしで利用できるプラン(Pocket WiFiプランL)というプランもあります。

 

ですが、通常の通信モードで7GB使用した場合には速度制限がかかるのでUQ WiMAXのギガ放題プランのほうがエリアを選ばないのでまだ月間使い放題に関してはUQ WiMAXのほうが良い条件になっています。

 

契約期間がY!mobileは3年でUQ WiMAXが2年と短いのも大きく年々高速化していくモバイル回線業界で3年たつとかなり遅れてしまいます。それなら短い2年でどんどん高速化していくUQ WiMAXのほうがおすすめです。

 

 

WiMAX 2+と固定回線(光、ADSLなど)を比較

モバイル回線 固定回線 比較

  モバイル回線 固定回線
WiMAX 2+、ポケットWiFi、格安SIM フレッツ光、ADSL、ケーブル回線
接続エリア 家でも外でも可 家のみ
回線工事 不要 必須(約1〜2か月後)
回線速度 下り最大440Mbps 

上り最大30Mbps

下り最大2Gbps

上り最大1Gbps

月額料金 月7GB制限あり 3,696円

ギガ放題 4,380円

月制限なし 5,000円〜6,000円
契約期間 2年 2年
3日間制限 10GB なし
月間制限 7GB、無制限(ギガ放題) なし
無料お試し Try WiMAX なし

 

モバイル回線のメリットはなんといっても家でも外でも関係なくネット接続ができることです。固定回線の場合、家の中まで光ファイバーなど線を引き込まなければいけないため、回線工事も必要で混雑時期には1〜2か月も工事待ちでいつまでたってもネットにつなげられません。

 

ですが、モバイル回線は契約してルーター端末が届いて初期設定をすればすぐネット接続が可能です。つまり、モバイル回線は期間限定の単身赴任の方や独身・一人暮らしの方、外でもネット接続が必要なフリーランス・営業マンの方などにおすすめです。

 

固定回線はなんといっても速度制限がなく、回線速度が安定しているところです。下り最大ではなんと2Gbps(NURO光)と超高速通信が可能です。ただし、その分月額料金は高い傾向にあり、月額5千円〜6千円とモバイル回線より高いのが現状です。

 

モバイル回線は外に持ち出せるけど通信速度は不安定がちですが、単身赴任や一人暮らしの社会人や学生にぴったりのネット回線です。

 

 

モバイル回線と無料Wi-Fiスポットを比較

モバイル回線と無料Wi-Fiスポット比較

 

  モバイル回線 無料Wi-Fiスポット
WiMAX 2+、ポケットWiFi、格安SIM カフェ、コンビニ、レストランなど
接続エリア 家でも外でも可 店内のみ
回線工事 不要 不要
回線速度 下り最大440Mbps 上り最大30Mbps 公表なし
月額料金 月7GB制限あり 3,696円ギガ放題 4,380円 無料〜月額500円程度
契約期間 2年 なし
制限 10GB/月間7GB 1時間〜3時間など
セキュリティ AES暗号技術 暗号化なしの場合も

 

セブンイレブンやローソン、スターバックスなど様々な場所で無料でWi-Fiにつなげられる無料Wi-Fiスポットがここ数年増加しています。外でもネットができるWiMAX 2+と無料Wi-Fiスポットを比較しました。

 

無料Wi-FiスポットはWi-Fiスポットのある店内で使えるサービスですが、移動中は使えません。つまり、無料Wi-Fiスポットがある店の範囲内でしか使えないんです。コンビニやカフェの場合、時間制限があり、例えばローソンの場合、1回60分で1日に5回までしか接続できないなど時間で制限があります。

 

セキュリティ面でも不安視されており、暗号化されていない通信は悪意のある他者に通信を傍受される可能性があります。WiMAX通信はAESという暗号技術で通信を暗号化されているので安心してネット接続できます。

 

外で接続できるWi-Fiを持っていなくて、無料Wi-Fiスポットを中心に使っていくというのは結構大変です。その無料Wi-Fiスポットまで行かないとネット接続ができないわけです。移動中などは特に探し出すのは面倒です。それなら格安で契約できるWiMAX 2+を1個契約したほうがお得だと思います。

 

格安で契約できるWiMAX 2+を比較した記事はこちら

WiMAX 2+に関するよくある質問集

WiMAX 2+は速度制限がありますか?

はい。使用量によっては速度制限がかかる場合があります。通常のUQ Flatツープラスプランでは月7GB使った場合に下り速度が128Kbpsに制限されます。また、ギガ放題プラン、UQ Flatツープラスプラン共に3日間で10GB使うと翌日にかけて下り速度が約1Mbps程度に速度制限がかかる場合があります。

WiMAX 2+は速度が遅いってホント?

WiMAX 2+は無線で接続できるインターネット回線のひとつです。ですので、障害物が多いと速度が遅くなりやすい傾向があります。地下街や地下鉄、コンクリートで覆われたビルの奥などは速度が遅くなりやすい傾向があります。 

WiMAX 2+のエリアはどこで確認できる?

UQ WiMAX」の公式サイトや各プロバイダのサイトでチェックすることができます。ピンポイントエリア測定で住所から「○△×」でつながるかどうか確認することができます。

WiMAX 2+のキャンペーンは何がおすすめ?

WiMAX 2+のキャンペーンは「キャッシュバック・タブレットプレゼントや割引・ノートパソコン値引き・月額料金割引」の4種類におおまかに分かれます。タブレットやノートパソコンを持っている人はキャッシュバック。持っていないならタブレットやノートパソコンのキャンペーンがオススメです。

WiMAX 2+は口座振替で利用できる?

はい。現在口座振替で契約できるのは2社で「UQ WiMAX」と「BIGLOBE WiMAX 2+」、「@nifty WiMAX 2+」のみとなっています。

WiMAX 2+はauでも契約できる?

はい。契約することは可能です。ですが、ルーターはW04やW03などau 4G LTEが使えるルーターしか選ぶことができず、キャッシュバックキャンペーンやタブレットキャンペーンも実施していませんのでグループ会社であるUQ WiMAXやWiMAX 2+のプロバイダで契約したほうがお得です。

 

どうやって選ぶ??

とにかく高額のキャッシュバックが欲しい人 → GMOとくとくBB WiMAX 2+
忘れっぽいので確実にキャッシュバックが欲しい人 → BIGLOBE WiMAX 2+
少しでも早くキャッシュバックが欲しい人 → UQ WiMAX

 

キャッシュバックの受取タイミングがそれぞれ違いますので注意が必要です。手続きが一番楽なのはBIGLOBEや@nifty WiMAX 2+です。契約しているだけで勝手に現金振込をしてくれます。ズボラだと思っている人にオススメです。GMOとくとくBB WiMAX 2+はかなり高額なキャンペーンを実施していますが手続きが面倒です。GMOとくとくBBのメールアドレスに受取案内のメールが届きますので忘れやすいのがデメリットです。ルーターはそれぞれ最新のルーターを選択できます。HWD15やNAD11が最新のルーターでどちらかを選ぶことになるかと思います。

更新履歴